development story

開発物語

点字シリーズ

点字シリーズ

そもそも点字パネルとは?

日本で生まれ育った世界に誇るバリアフリー設備です。

点字パネルをはじめ点字シリーズは、アラオの主力商品のひとつです。
開発のきっかけや変遷をひも解く前に、点字パネル(ブロック)そのものについて見てみましょう(「点字パネル」はアラオの商品名です)。

点字ブロックの名称は社会福祉法人日本視覚障害者団体連合によるもので、正式名称は「視覚障害者誘導用ブロック」といいます。1965年(昭和40)に日本で考案され、1967年に岡山県の盲学校に近い国道の交差点周辺に世界で初めて敷設されました。

今や街の設備として当たり前になり、いたるところで目にする点字パネル(ブロック)。日本発祥のバリアフリー設備として、世界に誇れる発明品なのです。

線状と点状と2タイプ。突起の違いで、安全にサポート。

点字パネルは、目の不自由な方が足裏の感覚や白杖で認識できるよう表面が凸凹しています。その突起には2種類あるのを皆さんも気づかれていることでしょう。

線が並んだ形状(ラインタイプ)は、進行方向を示す誘導用です。足裏や白杖で確認しながら突起の方向に従って進むことができように設置されています。

点が並んだ形状(ポイントタイプ)は、危険箇所や誘導対象施設など注意すべき位置を示す警告用です。階段前、横断歩道前、誘導パネルが交差する分岐点、案内板の前、障害物の前、駅のホームの端などに設置され、注意を促します。

多種多様な商品シリーズ。世界に誇るバリアフリー設備です。

点字パネルはしっかりと固定して敷設されるのが基本ですが、それだけではありません。工事が行われている現場で一時的に仮設され工事終了後取り払われるものもあれば、既設のものを一時的に隠すためのカバー品など、目的に応じて多種多様の関連商品があります。

また、使用素材についても従来からのゴム製もあれば、より耐久性に優れたプラスチック製、あるいは、再生素材を使ったエコ商品もあります。アラオはそうした様々な用途に応じた、また、素材も選べるよう商品バリエーションを充実させています。

アラオの点字シリーズ

添付型
  • ハイブリッド点字パネル
  • 点字パネル(ラバータイプ)
  • エコ点字パネル(再生エラストマー樹脂使用)
仮設置型
  • 点字マット(ラインタイプ)
  • 点字マット(折り畳み式)
  • 仮設専用点字パネル
凹凸解消型
  • 点字目隠しマット
  • 点字フラットカバー
  • 点字カバー

小さな気づきが第一歩

訪問先で見かけた偶然が興味をそそり開発意欲を刺激!

2004年(平成16)のことでした。大阪から東京に異動した営業マンが、何か新しい商品になるものはないかと日々アンテナを張って営業活動をしていた時です。あるお客様を訪問した際に点字ブロックの存在を知り、興味を持って調べていくうちに開発への思いが湧いてきました。

すぐさま同僚の営業マンの協力も得て市場リサーチを開始。その中で導かれたのが “仮設使用”というキーワードでした。「これなら今の商流でもいけるぞ!」と思った彼は、さっそく商品開発会議で提案しました。

「オモロイ!やれ!」――駅に立ち、足元に見えたパネルに興奮。

この会議には、大阪から社長も参加していました。「おもしろいな~」と社長の感触も良かったものの、その場で最終的なゴーサインが出たわけではありません。

会議を終え、帰阪するためオフィスを出た社長から、数十分後に電話がありました。JRのとある駅からでした。「オモロイ!やれ!」と。
「実際に駅で黄色いパネルを見て、これはいけると思ったようです」と、わざわざ電話があったことを思い出す営業マン。

バリアフリーに対する人々の意識が高まり、国など諸方面の対策が進みつつある風潮にあって、社長も彼も大きなビジネスの予感に胸をときめかせた瞬間でした。

売れ行き絶好調! が、一転。競合他社の参入で厳しい状況に。

さらに市場リサーチを徹底した上で商品開発に着手しましたが、開発は思った以上に難しく、試行錯誤の連続でした。しかし、その困難を乗り越えてようやく実ったアラオのゴム製の点字パネルは品質も良く、価格もリーズナブルだということで好調に売れ、生産が追い付かないほどでした。

が、売れるほどに競合他社の参入も。そして、価格攻勢をかけてくるという、激しい競争環境を招いていきました。商品シリーズが少しずつ充実する中、この厳しい現状を打破するにはどうすべきか、新たな課題を突き付けられたのです。

ブレークスルーを経て一気に進化

環境配慮への取り組みを進める中、エコマーク認定タイプでブレークスルー。

点字パネルの市況が厳しくなる中、アラオは一方で、他の商品ジャンルにおいて「エコマーク認定商品」に対する取り組みを進めていました。そこで、点字パネルでもエコ商品を開発することでブレークスルーを図ることにしました。

折しも2007年(平成19)、中小企業の新たな事業活動に関する法律(新事業活動促進法)に基づく経営革新計画として、アラオの「再生原料によるバリアフリー製品の開発事業」が大阪府から認定され、公的支援のもと商品開発に弾みをつけることに。

その結果、リサイクル材料を主原料にした特殊な樹脂の開発に成功。初めて材料から手掛けた商品として、樹脂のメリットをそのまま活かし、ゴム製のデメリットを補う、耐候性に優れた点字パネルを可能にし、エコマーク認定商品という新タイプを世に送り出したのです。

有利な流通ももたらしたエコ商品。海外生産で安定的な量産も可能に。

アラオのエコ点字パネルは、品質に優れるだけでなく、社会的評価の高いエコマーク効果も相まって、需要が一気に沸騰。それまでの卸・小売りを通じた販売だけでなく、エンドユーザーである鉄道会社などから直接受注するという流通革新までもたらしました。

これにより、敷設主体である現場の困り事や潜在ニーズをダイレクトに吸収できるようになり、点字パネルの商品バリエーションも膨らんできました。

また、2000年代初頭から業界他社に先駆けて海外生産をスタートさせたアラオは、点字パネルも自社材料を現地に送り込み、確かな品質管理のもと金型成形し量産するという生産の合理化も実現。コストパフォーマンスに優れた商品として圧倒的な支持を得ながら安定的な供給を続けています。

既存商品をブラッシュアップ。バリアフリー商品ジャンルの開拓も。

商品のひとつに点字マットがあります。点字パネルとゴムマットの一体型で、仮設用に用いられるもので、アラオのオリジナル商品です。このようにアラオ独自の発想と技術を駆使した商品は、多岐に及びます。こうした既存商品をさらに磨いてクオリティを高めていくことは、商品開発の変わらぬテーマです。

また、材料の開発に始まるエコ点字パネルの開発では、その技術が他の商品にも活かされるなど、さまざまな波及効果も生みました。そうした技術のすそ野を広げていくことや、点字マットのように他社の追随を許さない独自の技術を切り開いていくことも今後の課題です。

さらには、点字パネルに止まらず、新たな発想による新たな商品を開発し、バリアフリーという商品ジャンルの創造にも挑んでいきたいと考えています。

CONTACT

お問い合わせ

アラオ株式会社では、お客様からのご質問、ご相談、お問い合せに担当者が直接お応えさせていただきます。
お問い合わせフォーム・お電話・FAXにてお気軽にご利用ください。

西日本エリア

TEL
受付時間:平日9:00~18:00
FAX
受付時間:平日9:00~18:00
06-6779-4044

東日本エリア

TEL
受付時間:平日9:00~18:00
FAX
受付時間:平日9:00~18:00
03-5367-5336