工事現場をはじめあらゆるシーンに、安全と便利を提供する商品開発メーカー
採用情報
開発物語vol.3 きっかけは?道のりは?商品誕生の裏に物語あり
点字シリーズその3
ブレークスルーを経て一気に進化
環境配慮への取り組みを進める中、
エコマーク認定タイプでブレークスルー。

点字パネルの市況が厳しくなる中、アラオは一方で、他の商品ジャンルにおいて「エコマーク認定商品」に対する取り組みを進めていました。そこで、点字パネルでもエコ商品を開発することでブレークスルーを図ることにしました。
折しも2007年(平成19)、中小企業の新たな事業活動に関する法律(新事業活動促進法)に基づく経営革新計画として、アラオの「再生原料によるバリアフリー製品の開発事業」が大阪府から認定され、公的支援のもと商品開発に弾みをつけることに。その結果、リサイクル材料を主原料にした特殊な樹脂の開発に成功。初めて材料から手掛けた商品として、樹脂のメリットをそのまま活かし、ゴム製のデメリットを補う、耐候性に優れた点字パネルを可能にし、エコマーク認定商品という新タイプを世に送り出したのです。

有利な流通ももたらしたエコ商品。
海外生産で安定的な量産も可能に。

アラオのエコ点字パネルは、品質に優れるだけでなく、社会的評価の高いエコマーク効果も相まって、需要が一気に沸騰。それまでの卸・小売りを通じた販売だけでなく、エンドユーザーである鉄道会社などから直接受注するという流通革新までもたらしました。これにより、敷設主体である現場の困り事や潜在ニーズをダイレクトに吸収できるようになり、点字パネルの商品バリエーションも膨らんできました。
また、2000年代初頭から業界他社に先駆けて海外生産をスタートさせたアラオは、点字パネルも自社材料を現地に送り込み、確かな品質管理のもと金型成形し量産するという生産の合理化も実現。コストパフォーマンスに優れた商品として圧倒的な支持を得ながら安定的な供給を続けています。

既存商品をブラッシュアップ。
バリアフリー商品ジャンルの開拓も。

商品のひとつに点字マットがあります。点字パネルとゴムマットの一体型で、仮設用に用いられるもので、アラオのオリジナル商品です。このようにアラオ独自の発想と技術を駆使した商品は、多岐に及びます。こうした既存商品をさらに磨いてクオリティを高めていくことは、商品開発の変わらぬテーマです。
また、材料の開発に始まるエコ点字パネルの開発では、その技術が他の商品にも活かされるなど、さまざまな波及効果も生みました。そうした技術のすそ野を広げていくことや、点字マットのように他社の追随を許さない独自の技術を切り開いていくことも今後の課題です。さらには、点字パネルに止まらず、新たな発想による新たな商品を開発し、バリアフリーという商品ジャンルの創造にも挑んでいきたいと考えています。

凹凸解消型
1ページ目 2ページ目 3ページ目